マネーの拳

読書

この週末で、「マネーの拳」という、ビジネスがテーマのマンガを読みました(・∀・)b

 

元ボクシングチャンピオンが引退して、居酒屋ビジネスを始めるところから話が始まるんですが、ひょんなことからアパレル事業を始め、苦労しながら会社を成長させて、最終的には東証一部上場企業になる、というのがあらすじです。

 

「こんなにうまくいくもんかいなぁ」と思うところも多々ありますが、ビジネス、特に起業とか会社経営に興味がある人だったら楽しめるマンガなんじゃないか?と思います。

テーマ的に、実写版ドラマ化とかしてもおかしくない感じがしますね。

日曜日の半沢直樹やってた枠とかで(・∀・)

 

マネーの拳(11)【電子書籍】[ 三田紀房 ]

マネーの拳(11)【電子書籍】[ 三田紀房 ] 693円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>猛女・井川が強引に押し進める社内改革に、自らのクビをかけて反旗を翻した佐伯。それぞれにゆずれない立場を持った女たちによる、激しいバトルの幕が切って落とされた!その頃、ケンの「いかにも信用できなさそうなヤツ」というリクエストのもとに新しい人材をリストアップした高野は、ケンにその真意を問いただすが…。</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページから

マネーの拳(6)【電子書籍】[ 三田紀房 ]

マネーの拳(6)【電子書籍】[ 三田紀房 ] 693円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>証券アドバイザー・牧のアドバイスで、株式公開への道を模索し始めたケン。株式上場によって、さらなる社業拡大をと一人意気上がるケンだったが、「上場すれば、創業時のメンバーがみな離れていく」という発言だけが気にかかっていて…。</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このペ

マネーの拳(8)【電子書籍】[ 三田紀房 ]

マネーの拳(8)【電子書籍】[ 三田紀房 ] 693円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>ケンを叩き潰すことを生き甲斐にしている一ツ橋商事の井川は、M&Aのプロ・西田を呼び、いよいよTーBOXの買収に向けて本格的に始動する。一方、井川と内通しケンを裏切る算段を進める大林たち幹部は、自分たちの動きに気付いている節のあるケンに脅えつつ、今後の方針を練るが…。</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場

マネーの拳(9)【電子書籍】[ 三田紀房 ]

マネーの拳(9)【電子書籍】[ 三田紀房 ] 693円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>一ツ橋商事・井川のTOB対策として株価を上げる作戦にでたケンは、新商品を開発し大々的に記者会見を開く。目論見通りの作戦で井川の機先を制したケン。そして揺れていた八重子も、井川の誘いを蹴りケンについていくことを決意する。一方、煮え湯を飲まされた井川は…。</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら

マネーの拳(5)【電子書籍】[ 三田紀房 ]

マネーの拳(5)【電子書籍】[ 三田紀房 ] 693円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>井川の妨害などもあり渋谷店の売り上げが苦戦する中、なんとか新宿店開店へこぎつけるべく奔走するケンたち。一方、ケンと衝突し会社を飛び出した日高は、商売敵・井川の腹心である高野と街で偶然出会う。密かにケンへの憧れを抱く高野から、ケンのもとを離れるのはもったいないと忠告される日高だったが…。</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします

楽天ウェブサービスセンター
タイトルとURLをコピーしました